» ヴェルファイアのブログ記事

自分は車の運転が好きで、よくお休みの日などにドライブに行きます。と言っても町の中を運転するのは気が張って余計に疲れてしまいますので、少し遠出をして山道を走るのが一番好きですね。

東京住まいの身からすると、「山」というと遠くかなたに聞こえますが、中央自動車道を使うと長野や山梨の日本アルプスまでだいたい2時間ほどで行けます。日本は狭いですね。

高速を降りてしばらく走ると、段々と建物の数が減り、しまいには片側が崖、反対側が山という典型的な山道に入ってしまいます。

愛車のヴェルファイアは燃費向上のため急坂の上り下りはマニュアルモードで、特に下りはエンジンブレーキを使って降りて行きます。自分はマニュアル免許ですが教習所を卒業して以降マニュアル車を使う機会が全く無いので、こんな時だけガチャガチャとシフトレバーをいじるのが趣味になっています。

山道を抜けると、いきなり小さな集落に出たりもします。そこでヴェルファイアを止めて、小さな売店に寄ってみたり、ローカルな鉄道の駅を訪れたりするのも楽しいです。都会のようにどこにでもコンビニがあるような場所ではないですが、それだけに都会育ちの自分にはわからないような地元の生活が伝わってきて、勉強になります。

そのまま足を伸ばしてどこかの山のふもとまで行くこともあります。自分は山登りも少し嗜んでいるので、山の近くにいるとすごく心が落ち着きます。こうやって日々の生活ですさんだ心を慰め、また都会へ帰っていくわけです。今度はまた、もっと遠いところの山へ行ってみたいと思っています。

欲しいグレードやエディションと価格をよく調べて比較したいですねハイブリッドカーにはハイブリッドコンソールボックスが設置してあって、いろいろな物を入れることができます。他にもガソリン車にはスライド式センターフロアーコンソールボックスがついています。

ツインムーンルーフ付きで、フロントは手動式で、リアは自動式になっていて、使い勝手がとてもいいです。室内から外の空を眺めることができて開放感にあふれています。

運転席や車両センターピラーには肌や髪にいい「ナノイー」が噴射されるようになっていて、美容にもとっても優しく出来ています。

スーパーリラックスモードにすると、後部座席はフラットに近い状態までシートが倒れて、オットマンも出て、ゆっくりと休むことができます。

ヴェルファイアの価格はグレードによって違ってきますが、一番低価格のものは300万円で、2.4リットルで8人乗り、2WDになっています。最高級のヴェルファイアは595万円で、ハイブリッドZRで、7人乗りで、2.4リッターで、プレミアムシートエディションになっています。駆動はE-Fourになっています。

価格によって、ヴェルファイアは仕様がちがってきますので、自分の好みのエディションと予算に合わせて選ぶことができます。

エクステリアの車体の色のホワイトパールクリスタルシャインはメーカーオプションで、31500円になっています。

ヴェルファイアのシートの座り心地は素晴らしいですTOYOTA ヴェルファイアは7~8人乗りで、人数が多い旅行のときなどにとても便利です。ヴェルファイアの価格も300万円から595万円まであって、好きなヴェルファイアを選ぶことができます。

高級車らしく、車体の色も8色あって、どの色も落ち着いた色合いで高級感があふれています。

セカンドシートにはエグゼクティブパワーシートを採用してあり、好みの傾斜にリクライニングシートを合わせることができますし、その座り心地の良さはバツグンです。リクライニングシートのスイッチとオットマンのスイッチで背中の傾斜とオットマンの傾斜を自由に操作することができるのです。

運転席にはオートスライドアウェイが採用されていて、乗り降りのときには、自動的にシートが後方に下がって、スムーズに乗り降りが出来るようになっています。運転席に着席すると自動的に設定した箇所にシートが戻るようになっています。

それに、運転席と助手席には快適温熱シートが付いていますので、寒い冬にはもちろんのこと、クーラーを入れている夏の間でも、部分的に温めることができるので、とっても快適です。

ヴェルファイアの見た目に一目惚れそして、そのwishもそろそろ10万キロ乗り買い替えの時期が来ていると感じています。買い替えの第一候補として挙がっているのが、TOYOTA ヴェルファイアです。この車のどの辺に惹かれているのかといいますと、圧倒的に外見に比重があります。普通であれば、家庭を持っているので外見だけで選ぶようなことはしないのですが、初めて見た時のあまりのかっこよさの衝撃により、何も他の機能面などは考えずにヴェルファイアにしよう!と考えています。

それからは街でヴェルファイアを見かけるたびに「やっぱりいいわ」とため息をついています。最初は白を購入しようと思っていたのですが、つい先日公園でグレーメタリックのヴェルファイアを見た時に、そのあまりの渋さに今ではグレーメタリックのヴェルファイアを買おうと思っています。

まだまだwish君が走りそうなので、ディーラーなどに出向いてはいないのですが、間違いなく今年中には購入したいと思っているので、そろそろ見積もりだけでもとってみようかなと思っています。最近では外見だけで決めても何なので、色々と調べて見たのですが、さすがトヨタです。燃費もいいですし、居住性も大丈夫そうです。殆どの機能がwishよりもアップグレードのような感じがするので、まず買って損はしないと思っています。